弁護士秘書を辞めてフリーランスへ!全記録を公開

menu

さらばOLーウツ寸前で弁護士秘書から脱出ー

退職を決定的にした衝撃的な【ある事実】

退職を決めた決定的なワケ。

いよいよ梅雨シーズン到来ですね〜
この季節は髪がボンバーになる
ちはるです(TдT)

昨日から引っ張った
退職を決定的にした「ある事実」とは?

勿体つけるようなことではないのかも。

ですが
個人的には衝撃的でした。



とある土曜日の夜。

私は学生時代の友人(女)と
久々に晩ご飯を食べてました。

私と友人は「美味しさ」で
その店を選んだのですが
夜景のキレイさでも人気の店。

店内も薄暗い雰囲気のある店
半個室や完全個室もあってカップル率高し

でも私達は
そんなことは気にしない三十路(笑)

ベラベラ喋り、ばくばく食べ、ワインも呑んで
いい気分になってました。

時計も10時を過ぎて
そろそろ帰る〜?とか言いつつ
何気な〜く個室から出てきたカップルを見ると、、

あれ??

・・・・(つд⊂)ゴシゴシ

ボス弁護士と後輩ちゃんじゃね???

咄嗟に顔を伏せたのと
薄暗い店内のせいで
2人は私には全く気が付かず。。。

個室から出てきたのは2人だけ。

いや、私もボス弁護士と2人で
晩ご飯を食べたことはあるよ?

でもそれは平日に残業してて
事務所の近所にある
焼き鳥屋だったり、蕎麦屋だったり。。。

休日の晩にこのカップル御用達
この店でふたりきり・・・だと??

スポンサーリンク

「いや、まさか〜!」
「ナイナイ!それはナイ!」
「ありえなーい!」

酔いも醒めて
内心、否定しまくりの私。

だって気持ち悪すぎる。

でも私の祈りも虚しく
2人は腕を組んで出て行きました。
はい、確定\(^o^)/

ふ、不倫かよ〜

その日食べた美味しいご飯と
美味しいワイン
全部台無しにされた夜。

あまりのゲンナリっぷりに
友人が2軒目、付き合ってくれました。

トモダチって大切ね・・・

しつこく明日に続きます!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事はこちら

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

サイト内検索

免責事項・プライバシーポリシー