弁護士秘書を辞めてフリーランスへ!全記録を公開

menu

さらばOLーウツ寸前で弁護士秘書から脱出ー

わたしが法律事務所の退職を決めた理由

っちゃけ、私が辞める理由。

こんばんは、ちはるです。
今日は私が法律事務所の退職を
決めた理由を^^

一部の大手法律事務所では
何十人〜何百人、弁護士がいます。

でも大半はうちみたいな
小規模または中規模事務所。

弁護士が1〜3名ぐらいで
秘書・事務員も2〜3名が
一番多い形態ではないかな〜と思います。

うちは弁護士1名で秘書・事務員が2名。

「イソ弁」と呼ばれる勤務弁護士が
いたときもありましたが
現在はボス弁護士だけ。

事務局ももっと人数がいたときもありましたが
今は私と後輩ちゃんのみ。

基本、
事務所には朝から晩までこの3人だけ。

私が辞めたい理由は色々あるんですけど
結局はこの3人だけの人間関係(;´д`)

スポンサーリンク

「たった3人の人間関係で何言ってるの!?」

と思われるかもしれません。
てか、正直、自分でもそう思う(笑)

まず、ボス弁護士。

一言でいうと
「自己愛性人格障害」

あと、後輩ちゃん。

巷で言われるところの
「ゆとり」なんだろうな。。。

※シッカリしてる子もいるし
世代を「ゆとり」でくくるつもりはなくて
この後輩ちゃんは、という意味ね。


「なんだ、そんだけ??」

と思われるのももっともで
ボス弁護士みたいなワンマン社長とかいそうだし
後輩ちゃんみたいなのは
イマドキいっぱいいるでしょうね。

特に中小企業なんかは
どこも似たようなもんかもしれません。

「しんどいわ〜」と思いつつも
それぐらいで辞められないと思ってました。

でも、
「とある事実」を知ってしまって。。。

もう続けるのは無理!
退職を決めました。

「とある事実」とは・・・?

引っ張ってすいませんが
明日に続きます。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事はこちら

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

サイト内検索

免責事項・プライバシーポリシー