弁護士秘書を辞めてフリーランスへ!全記録を公開

menu

さらばOLーウツ寸前で弁護士秘書から脱出ー

営業電話も大変な仕事だよね…

こんばんは、ちはるです^^

まずは正直に白状します。
え〜っと…

今日は早起きできませんでした。

早起きどころか
あわや寝過ごすところでした(笑)

やっぱり休み明けは疲れるのか
眠りが深くて…(言い訳)


今日は午後から
ずっと役所関係等に出かけていたので
事務所から開放されてました^^

いや〜外は暑くて
汗もかくので大変は大変。

外回り営業の方って本当に尊敬します。

それでも今日もボス弁護士の
ご機嫌はイマイチだったので
息が詰まりそうな事務所よりはマシでした^^;

別に寄り道しているわけでも
サボってるわけでもないですけどね。


それにしても…

役所の窓口もひと昔前に比べて
親切で感じが良くなった気がするのは私だけ??

このご時世
公務員には何かと
世間の風当たりも強いからかな〜^^;

「法律事務所の人間だからじゃないの?」

と思われるかもしれません。
確かに、その可能性もあります。


でも昔(といってもせいぜい10年前)も
同じような用件で窓口に行ってました。

すると、結構トンチンカンな対応をされたり
悪い意味での「お役所仕事」振りに
振り回されてた気がするんですよね。

電話対応でもたらい回しにされたりね。

全体的にそういうのが
減ったような気がします^^


私だって時には
クレームやお叱りの電話を受ける側の人間。

なので電話でどんなにイライラしたって
電話口の人に高圧的になったり
暴言を吐いたりなんてことはしません。

いち社会人として
大人の対応を心がけているつもりです。

…「つもり」ね(笑)


ですが一部例外もありまして。。。

それは営業電話

営業電話といっても
全部が全部、ブチ切れ対応を
するわけじゃないですよ。

その人だって仕事でやってること。

飛び込み営業もそうですけど
テレアポ・電話営業って大変な仕事ですよ。

私には絶対無理。

スポンサーリンク

だから一応用件は聞くし、聞いたうえで
必要ないものは丁重に
でもキッパリとお断りしてます。

その気が無いのに変に望みを持たせて
見込客と思われる方が迷惑だろうしね。

でも中にはしつこい業者がいるんですよね。


まるで「手続が必須だ」と誤解させるような
紛らわしい電話もよくあります。

あと、営業電話は基本的に
弁護士に繋ぐことはありません。

だからアノ手コノ手で
弁護士本人に取り次がせようとして
会社名を言わずに個人名でかけてきて

「個人的なご相談で…」

とか

「離婚の件で…」

とか、あたかも依頼者かのようなことを
言ってくる業者とかね。


そういう業者に共通しているのは
事務や秘書に無礼だということ。

あと口調が妙〜に軽い(笑)

何百件・何千件と電話してれば
そうなるんでしょうね^^


後輩ちゃんは良く言えば優しい性格なので
こういう電話をなかなか切れず
延々と話を聞いてあげてます(笑)

一度ボス弁護士にうっかり繋いで
怒られてるんですよね。

だからさすがに繋がないのですけど
かと言って、さっさと切ることもできず

「少々お待ちください〜(保留)
あのぅ〜ちはるさぁ〜ん、
◯◯っていう会社から〜…」

と振ってくることが多い。


「不要だって言って、さっさと切ればいいよ」

と言っても
それができないんですよね。不思議だ。

長くなってきたので
しょうもない話ですけど
続きは明日へ持ち越させて下さいm(__)m

本日もありがとうございました!


ブログランキングに参加中^^
応援していただけたら嬉しいです!
↓ ↓ ↓

人気ブログランキングへ
にほんブログ村 転職キャリアブログへ
にほんブログ村

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事はこちら

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

サイト内検索

免責事項・プライバシーポリシー