弁護士秘書を辞めてフリーランスへ!全記録を公開

menu

さらばOLーウツ寸前で弁護士秘書から脱出ー

破産した会社の内部はどんより…

日は倒産した会社に行ってきました。

駅から結構歩き
ちょっと疲れたちはるです。

やはり運動不足がヒドすぎる(;´д`)


なぜ倒産した会社に行ってきたかというと
これも破産管財事件の仕事のひとつ。

倒産した会社に土地や建物がある場合
これも売却して換金するのですが
売れるまで管理しないといけません。

管理と同時に会社の中にあるもの、
例えば在庫商品も売る!

機械や備品もとにかく売る!

大体の場合、二束三文ですけどね。

でも売っちゃいけないものも
ありまして・・・

例えばリース物件。

コピー機やパソコンなど
会社の所有ではなくリースになってるものは
基本的にリース会社に返す必要があります。

その引き取りに立ち会うために
私が行ってきました。

不動産売却を依頼している仲介業者さん等に
お願いするときもあるんですが
今回は日程が合わず。

まあでも、事務所の中にずっといるのも
気が滅入るしね(笑)

スポンサーリンク

ちょっと早めの時間に現場に着いて
鍵を開けて中に入ると・・・

寒々しい風景。

当たり前ですけど人がいないし
(いたら逆に問題だ)
空気がどんより。。。

妙〜に静か。。。

やっぱり会社の倒産っていうのは
人でいうと「」なんですよね。

人は破産しても死にませんけど
(死んじゃダメなんですけど)
会社は無くなっちゃうわけですから。

どんより具合ではうちの事務所も
大概のもんだと思ってますけど(笑)

それでも独特の空気があります。

そうこうしているうちに
リース会社から依頼された運送業者が到着。

慣れてる人たちだけに
淡々と梱包して積み込んで終了。

外に出ると改めて空気の違いを実感。
何でしょうね、これ。


これからの季節、テレビで
「怪奇特集」とかやりますよね。

廃墟になった病院に潜入!とか。

・・・書いただけで怖い(;´д`)

今日行った会社は
何の怪奇現象があるわけでも無い。

でも昼間っから行っても
やっぱり気持ちのいい場所ではないですね〜

霊的なモノというよりも
運気的なモノなのかもしれない。

過去には、別の件でそれこそ

「ここで○○が☓☓して△△が・・・」

という現場にも行ってきましたが
あれは怖かった〜!!
霊感も何も無いけど!!

これはまた別の話。。。

本日もありがとうございました^^


ランキング参加中^^
応援クリックお願いします!!
↓ ↓ ↓

ブログランキング・にほんブログ村へ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事はこちら

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

サイト内検索

免責事項・プライバシーポリシー