弁護士秘書を辞めてフリーランスへ!全記録を公開

menu

さらばOLーウツ寸前で弁護士秘書から脱出ー

ついにボス弁護士へ退職を伝えてきました!

いに・・・退職をボス弁護士へ伝えて
帰ってきましたよ〜!!

こんばんは、ちはるです。

以前うちの法律事務所にいた
Yさんの昨日のアドバイスどおり
まずはメールで通知することにしました。

退職願でもいいんですが・・・
めんどくさかったんです(笑)



サクッとメール送信後すぐ

「お疲れ様でーす」

とソソクサ事務所を出てきました。
完全な言い逃げ〜
若干、手が震えてるチキンな私^^;

メールは最小限度。
(どのみち、直接話はするので)

「一身上の都合により
10月末頃を目処に退職させて頂きたく
よろしくお願い申し上げます。
つきましては・・・」

という感じの内容のみ。

いまは何とも複雑な心境です。

ついに言ってやった!!という爽快感と
もう後戻りできない・・・という不安感。

でも前者が大きいですね、やっぱり。
かなり動悸が激しいですが(笑)

これでようやく
一歩踏み出せた気がします^^

スポンサーリンク


さてボス弁護士が
何て言ってくるか・・・。

Yさんの退職のときには
既にYさんとボス弁護士は
かなり険悪になっていました。

※詳しくはコチラ

なので、ボス弁護士はYさんの退職は
予想していたと思う。

それでも辞められたら困るから
話を聞かないという姑息な手段
退職までを長引かせたんですよね。

辞められたら困るなら
「昇給頭打ちを一方的に通知」とか
撤回すりゃいいのに・・・。

そりゃ事務所には
事務所の都合があると思いますよ?

でも事務所の経営が苦しいなら苦しいで
ちゃんと話をすれば
Yさんだっていきなり退職には
ならなかったと思うんですよね。

こういうとこに

「雇ってやってるんだから
黙って言うことを聞いてりゃいいんだ!」

という態度がにじみ出てるよねー


一方、私の場合。

退職の素振りはまったくみせてないので
多分ボス弁護士にとっては予想外のはず。

※もちろん、後輩ちゃんとの
不倫がバレてるのも
知らないはず・・・(^Д^)ギャハ

焦ってたら・・・

面白いな〜(笑)


ちなみに退職時期は
「10月末を目処」としました。

有給がたんまり残っているので
これを消化したら
出勤は9月中頃までかな〜という心づもり。

こんだけ時間があれば
後任者の募集・採用も問題ないでしょ。

引継ぎだってちゃんとするしね。


今夜はいい夢がみられそうです^^

最後まで読んでいただいて
ありがとうございました。


ランキング参加中^^
応援クリックお願いします!!
↓ ↓ ↓

ブログランキング・にほんブログ村へ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事はこちら

関連記事

    • 弁護士秘書です
    • 2016年 11月 24日

    ちはる様

    楽しくブログを拝見しております。

    私も法律事務所勤務(たぶん14,15年?忘れました…)です。
    事務所を辞めるか辞めないかで悩んでいます。

    理由は,「仕事がないから(暇すぎ)!」です。
    激務も辛いですが,あんまりにも暇すぎるというのも
    メンタルをやみます…。
    すでに不眠でメンタルクリニックに通っています。

    うちの事務所は弁護士が2名なのですが,

    所長・・・すでに十分稼いで,相続税の心配をしているくらいのなので
         事件はしない。企業法務を数件やるのみ。

    パートナー・・・詳細は省きますが懲戒レベルのお方です。

    (以前はそこそこ私の仕事もありました。前職がメガバンクでリスク商品の営業
    だったため,暇なのもいいか,と思っていました)

    辞めたい!なのですが,
    ただ,お二方とも性格はいいのですよね。人情もある。お給料も悪くはないです。

    これはこの業界では珍しいことなのでしょうか。(苦笑)
    いっそ,ちはる様のボスレベルの無茶苦茶ぶりなら決心がつくのですが・・・。

    私自身41歳ということで次も難しそうだ,,,と思って悩んでいます。

    お忙しそうなので,いつかお時間が出来た時にでもお返事を載せていただけると
    幸いです。でも,放置でもいいです(笑)
    ちはる様も頑張ってください!

    どうぞよろしくお願いします。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

サイト内検索

免責事項・プライバシーポリシー