弁護士秘書を辞めてフリーランスへ!全記録を公開

menu

さらばOLーウツ寸前で弁護士秘書から脱出ー

法律事務所の男性事務員のホントのとこ

こんばんは、ちはるです。


今日は先日頂いた質問
回答しますね^^

質問を頂いたしまじろーさん
遅くなってスイマセン。


あ、毎度言っておりますが…

あくまで私が過去勤務した事務所など
知る範囲での情報です。

地域性や事務所の規模などによって
大きく変わってくる部分もあるので
あくまで「一例」と思ってくださいね。


頂いた質問は

1:法律事務所はへの就職は女性が有利か?
2:男性の事務員は少ないか?

この2つ。


順序が入れ替わりますが
2から回答させてもらうと…

実際、男性と女性を比べると
圧倒的に女性が多いですね。


よくあるのは
中規模・大規模事務所の「事務局長」的な
立場にある人が男性というパターン。

あと、司法試験受験生の若い男性が
アルバイト等でいるパターン。


あるいは行政書士や司法書士などの
別の資格を持っていて
事務所内でそういう業務を担当しつつ
事務の仕事も兼ねているパターン。

弁護士の縁故関係で
雇われてるパターンもありますね。


弁護士が1〜2名の小規模事務所で
男性事務員がいる事務所は
まだまだ珍しい方じゃないでしょうか。

それでも昔に比べると
男性事務員も少ーし増えたかな?

実情としてはこんな感じです。


ということは
2の回答も予想できるかもしれませんね^^;

弁護士に

「今回の採用は男性にしよう!」

といった特別の意向が無ければ
やはり事実上採用も女性優位なんじゃ
ないでしょうかね〜

当然、募集要項には
そんなこと書いてませんが^^;
(てか書けない)


これまでにも書いたように
弁護士には

「秘書(事務)は若くて可愛くて
ニコニコ笑って僕を癒してくれればいい!」

みたいな人もいます(笑)

そういう弁護士にとっては
男性は全く眼中にないのは
言うまでもないですね。


ちなみにボス弁護士なんて

「ボクの可愛い愛人に
手を出されないか心配だ!」

と男性は採用しないらしいからね!笑
後輩ちゃん談

まあ、こういう頭がお花畑な弁護士は
おいておいて…笑

スポンサーリンク

真面目な話、「適性」という面では
女性に向いている人が多い(と思われてる)
というのが関係してるんじゃないでしょうか。


どういう仕事を事務にさせるか

これは事務所によって
大きく違ってくると思います。


ですが多かれ少なかれ
弁護士秘書の仕事は…

マルチタスク処理能力

が求められます。

色々な作業を同時並行
進めていく能力ですね。


一般に、こういう能力は
男性よりも女性の方が
優れていると言われてます。

私も割と得意です^^

男女の脳の違いだとか
遺伝子的な話だとか諸説ありますが…

私に言わせれば
そんな複雑な話でもなくて
単なる「経験の差」じゃないかと思います。


例えば家事

洗濯でも掃除でも料理でも
それぞれ効率のいい行程がありますよね。


そして普通は

洗濯→掃除→料理

と1つずつ
進めるわけじゃなくて

洗濯機を回してる間に
部屋に掃除機をかけて
野菜の皮をむいて茹で始め
洗濯物を干して…

と効率がいいように
組み合わせていきますよね。


比較的、女性はこういう経験値が高い
少なくとも家で母親の姿を
よく見ていることが多いでしょ?

男性でマルチタスク処理が
得意な人もいますよね。

で、話を聞くと
一人暮らし経験があったりするのは
同じ理屈じゃないかな〜


逆に後輩ちゃんのように
女性でも苦手な人もいます。

で、話を聞くと
後輩ちゃんは学生時代から今まで
ずっと実家暮らしだったりね(笑)

(しかも家事とかしないみたいヨ…)

100%当てはまるわけではないですが
無関係でも無い気がする。


で、弁護士も経験上

「女性が向いてる」

と思っている人が
多いのかもしれませんね。


長くなってきたので
明日に続きます!


ブログランキングに参加中^^
応援していただけたら嬉しいです!
↓ ↓ ↓

人気ブログランキングへ
にほんブログ村 OL日記ブログへ
にほんブログ村

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事はこちら

関連記事

コメントは利用できません。

サイト内検索

免責事項・プライバシーポリシー