弁護士秘書を辞めてフリーランスへ!全記録を公開

menu

さらばOLーウツ寸前で弁護士秘書から脱出ー

果てしない【自己チュー】ボス弁護士

こんばんは、ちはるです。

金曜日ですね〜
一番心やすらぐ曜日…ε-(´∀`*)


今日、ボス弁護士から
メールがきました。

いや、メールは毎日くるんですが。

ちょっと内容が
「頭、大丈夫?」
という内容で…(笑)


退職日(厳密には出勤最終日)が迫り
かなり危機感を抱いているボス弁護士。

ま、今更な話なんですが
いよいよ現実的になってきて
焦っているんでしょう。


で、こんなメールが…

「退職後も不明なところがあれば
適宜、ちはるさんに聞きたい。
メールや電話をさせてもらえないか」

ここまでは、まあ想定内。


本当の本音を言えば
有給消化中はともかく
退職後までそんな義務は無い。

突っぱねたっていいわけですが…

いろいろあったとはいえ
10年間お世話になったのも事実で
そこまで私も鬼じゃないので(笑)


で、問題は次の言葉。

「なるべく早く返事が欲しいとき
携帯やメールでは難しいだろう。
ついては新しい職場の
電話番号を教えてもらいたい」

はあ??

常識から考えて
ありえませんよね、これ(笑)

どこまで自己中心的なんですか。


ボス弁護士は私が今後
フリーランスで生活していくことを
知らないわけですが…

以前、否定はしたものの
別の事務所に移ると思ってるんだろうか。

それにしたって…ねぇ?

自分が困ってるなら
私にも私の新しい職場にも
迷惑がかかってもいいということだよね。

ほとほと呆れる(笑)


もちろん後半部分は
華麗にスルーさせていただき、

「携帯、メールは
これまでどおり変更はしない予定なので
連絡していただいて結構です」

とだけ返信^^

着信拒否とかアドレス変更されないだけ
有り難いと思ってもらいたい。

スポンサーリンク

ところで新人さんは
今週から本格的に
法律事務所っぽい仕事を始めました。

なかなか苦戦中。。。

ま、社会人経験も無いし
想定内というべきでしょうね。

頑張ってる方だと思うよ。


むしろ問題は
ボス弁護士と後輩ちゃん。

苦戦することはわかってたのに

「どうしてわからないのぉ〜!?」

的な空気を出し続ける後輩ちゃんに
矢継ぎ早に指示を出すボス弁護士。

できるわけがない┐(´д`)┌


あのね〜後輩ちゃん。
人に教えるっていうのは
自分が本当に理解してないと無理なの。

その場しのぎのプロのあなたの説明
私が聞いてても意味不明よ(笑)


そんでもってボス弁護士。
後輩ちゃんチョイスとはいえ
最終的に未経験者採用を決めたのはアナタです。

だったらイチから指導する責任は
アナタにもあるんですよ。

矢継ぎ早の指示なんて
3年目の後輩ちゃんだって無理でしょーが…


私がいる間は出来る限り
新人さんをフォローしようと
思ってるけど…

あと数日でタイムアウトなんだよね〜^^;
困ったな…


ブログランキングに参加中^^
応援していただけたら嬉しいです!
↓ ↓ ↓

人気ブログランキングへ
にほんブログ村 OL日記ブログへ
にほんブログ村

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事はこちら

関連記事

コメントは利用できません。

サイト内検索

免責事項・プライバシーポリシー