弁護士秘書を辞めてフリーランスへ!全記録を公開

menu

さらばOLーウツ寸前で弁護士秘書から脱出ー

天国のような法律事務所

んばんは、ちはるです^^

昨日のテキトー弁護士の話
続きを少し。

依頼する側からすれば
仮に弁護士がどんなに性格が悪くても

裁判に勝ってくれれば問題ない
うまく交渉してくれれば気にしない

そういう場合もあるでしょう。


ですがテキトー弁護士の場合は
本来の職務自体が疎かなので
依頼者にとっても大問題ですよね。

ただ依頼者から見て
どんな弁護士がよい弁護士なのか。

その見極めは非常に難しいでしょうね。

また別の機会にちょっとこのあたりについても
書きたいとは思っていますが…


実は依頼者側からだけでなく
同じ業界にいたって
弁護士の「本当の顔」はわかりにくい。

弁護士に限らず
「外ヅラがいい」
ということはよくある話ですよね^^;


うちのボス弁護士にしたって
別の事務所の秘書さんには

「◯◯先生(ボス弁護士)って
面白くて気前のいい先生ですよね〜」

と言われるぐらいですから(笑)

ただしこれはちょこっとだけ
関わりがある事務所の秘書さんに限る。

もう少し関わりだすと

「◯◯先生のところって大変ですね…」

ドン引きされるのが
いつものパターンですけどね^^;


反対に私が好印象を抱いた弁護士が

実は秘書への暴言が激しく
ヒドい時には物を投げつけたりする

という話を聞いたりすることもあり
やっぱり中からじゃないと
わからないことはあるな、と思う日々。


そんな中で
ボス弁護士の同期のS弁護士の事務所。

ここは本当にいい事務所だと
そこを知る秘書たちの間では
有名な話です。

スポンサーリンク

特別給料がいいわけでも
待遇がいいわけでもないんですよ。

ただ、弁護士の先生方が
本当に優しく思いやりのある先生ばかりで
本当に働きやすいらしい。

いつも秘書への感謝の言葉を忘れないし
頑張ればねぎらい、仮に失敗しても
ボス弁護士のようにイヤミを言うようなことはなく

「次は一緒に頑張ろうな」

と言ってくれるそうです。
(S先生の秘書談)

は〜羨ましいヽ(`Д´#)ノ


これまで何度も行ってきましたが
確かに給料や待遇は大事です。

でもそれだけじゃないんですよね。


「じゃあ、そこで勤めればいいじゃん」

と思いますよね?
私もそう思う。

でもやっぱり
「いい事務所」は「人が辞めない」んですよね〜
当然のことですが。


S先生の事務所も
私がボス弁護士のところで勤務してから10年近く
全然入れ替わりの話を聞いたことがない。

法律事務所って離職率
結構高いんですよ?

これってかなり珍しいことです。

うちの法律事務所なんて
ここ10年で一体何人入れ替わったやら…

本日もありがとうございました!


ブログランキングに参加中^^
応援していただけたら嬉しいです!
↓ ↓ ↓

人気ブログランキングへ
にほんブログ村 転職キャリアブログへ
にほんブログ村


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事はこちら

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

サイト内検索

免責事項・プライバシーポリシー