弁護士秘書を辞めてフリーランスへ!全記録を公開

menu

さらばOLーウツ寸前で弁護士秘書から脱出ー

超絶心配性になった理由はやっぱり・・・

りえないようなコトを想像して
不安に駆られる・・・

自分の心が徐々にすり減っていたのが
わかっていました。

こんばんは、ちはるです^^

昨日の続きです。
よかったらコチラからどうぞ。
↓ ↓ ↓
超絶心配性


超絶心配性になった原因には
私なりに心当たりがありました。

やっぱりというか当然というか
ボス弁護士

イヤミで陰湿な手段が得意な
ボス弁護士ですが
もうひとつ特徴的なのが・・・

ものすごーーーく細かい。

確かに弁護士という職業上
細かい点に注意しないといけない場面には
長所になるんでしょう。

ミスの許されない仕事だし
それはよくわかっているんです。


でも、ボス弁護士の細かさが
一番発揮されるのは

自分が忙しくてイライラしているとき。

ボス弁護士は自分が忙しければ忙しいほど
重箱の隅をつつくような細かいコトを
ネチネチ・イヤミっぽく言ってくる。

要するに八つ当たり(;´д`)

それでも本当に必要なことなら
耐えてみせます、私も。

でも割とどうでもいいコトだったり
簡単に

「これ、やっといて」

と一言で済む話だったりする。

それを

ネチネチネチネチ・・・
チッ(舌打ち)、ブツブツ・・・

果ては人格攻撃をしてくるので
非常に始末が悪い。

スポンサーリンク

こうなると自然に
私は自衛手段を考えるように
なっていきました。

「ボス弁護士が隅をつつけない
スキの無い重箱にする!」

いろんなことを想定して先回りして
ボス弁護士がケチをつけたくても
つけられないように。

それでもほとんどイチャモンみたいな
八つ当たりは続き・・・

「いろんな想定」がどんどん
エスカレートして
超絶心配性になったんだと思います。

どうしてくれるんだ( ・`ω・´)


「よく気がつく」とか
「先回りして準備する」は
秘書に求められる素養。

それは私もそう思う。

でもどう考えても
今の私はオカシイ。


しかもそれって

「もっと仕事できるようになりたい!」

というプラスの願望からじゃなく
ボス弁護士からネチネチ言われたくないという
マイナスから出てきてますからね。

まったくスキルアップとは思えない^^;


退職すると申し出た今も
超絶心配性は治ってません。

いや、多少はマシか?うーん。。。

でもスッキリ元のようになるか
結構、心配してます(←ほら・・・笑)

本日も最後まで読んでいただき
ありがとうございます!


ブログランキングに参加中^^
応援していただけたら嬉しいです!
↓ ↓ ↓

人気ブログランキングへ

にほんブログ村 転職キャリアブログへ
にほんブログ村










  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事はこちら

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

サイト内検索

免責事項・プライバシーポリシー