弁護士秘書を辞めてフリーランスへ!全記録を公開

menu

さらばOLーウツ寸前で弁護士秘書から脱出ー

弁護士会が厳しくなるとき+コメントお返事

こんばんは、ちはるです^^

何だかまたアクセスが
微妙〜に増えてるなぁと思ってたら
たぶん、これが理由っぽいですね。

タレント活動もしておられる
大渕愛子弁護士の懲戒の件。

直接存じ上げてるわけでもないし、
懲戒の対象となった事実関係は
全く知りませんので、あしからず^^;


大渕弁護士は1ヶ月の業務停止ですが
この処分内容について、

「たかだか1ヶ月なんて、甘すぎ!!!」

と思われるかもしれません。

ですが…これ…
たぶん皆さんが想像しているよりはキツい。


新たに受任しちゃいけないだけじゃなくて
一切活動できないってことですから
既に受けてる事件も辞めなくちゃいけない。

顧問契約も基本的には
いったん解除しないといけないじゃないかな?

「いったん」とか言いながら
1ヶ月後、停止処分があけてから
再度契約してくれるかっていうと…ねぇ?

よほど信頼関係があれば別ですけど。


この件で気になるところは
この手の事案では
結構厳しい処分
だってことですね。

いや、私は思ってませんよ。笑

私は常日頃から
弁護士会はもっと厳しくしろよと
思っているので^^;

過去の懲戒事案に照らすと
相対的にみて厳しいって話です。

以前にも書いたとおり
弁護士会というのは
基本、弁護士には甘い
もんですから。

いつもの弁護士会なら
戒告だろうな〜と思います。

スポンサーリンク

これは私の予想ですけども…

大渕弁護士、弁護士会の手続過程で
何かしたんじゃないの?


弁護士会の役員をしているような
重鎮弁護士の顔を潰したとか。

返金をすぐしなかった、という話もあり
そのあたりでナニカしちゃったんじゃ…
と勘ぐってしまいます。

弁護士会って意に沿わない会員には
やたら厳しいイメージあるんですよね。笑


ちなみに、ですけど。

大渕弁護士、法テラスの手続に疎くて
今回の事態になったと謝罪していて
他の弁護士がこぞって

「ありえない」
「知ってて当然」


と責めてますけども。


私に言わせれば
そんな弁護士、普通にいたよ?

「知ってて当然」はそのとおりだけど
現実にはどうなんだろう、と。

今回の件で、慌てて規定を見て
確認してる弁護士、
どんだけいるんだろう、と。笑

ぼんやりとしか知らなくて
事務局任せとかもあると思う。

故意か過失かはともかくとして、
同じような事案は
あるんじゃないのかな〜と思う。

以上、この件について雑感でした。

*******************


非公開希望で
コメントをいただいております。

とてもお辛そうなお立場、
現在の苦しい状況を拝察すると
似たような経験をしてきた者として
非常に胸が苦しいです。

辞めても、辞めなくても
何らかの困難はあると思います。

ただ、忘れないで頂きたいのは
ご自分のお体と心の健康を
一番に考えて欲しいということ。

これらを損なうと
「次」が非常に難しくなりますから。

何のお力にもなれず、すみませんが
陰ながら応援しています。

コメント、ありがとうございました。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事はこちら

関連記事

コメントは利用できません。

サイト内検索

免責事項・プライバシーポリシー