弁護士秘書を辞めてフリーランスへ!全記録を公開

menu

さらばOLーウツ寸前で弁護士秘書から脱出ー

スター・ウォーズじゃなかった

こんにちは、ちはるです。

やたら見かける
「SW」って何ぞや?と思ってましたが
シルバーウィークか…笑

世間ではもう「SW」と書かれて
ピンとくるんですか。そうですか。


私はといえば
シルバーウィークにあんまり関係なく
お仕事してます…

いや、むしろ
シルバーウィークのせいで
やや前倒し気味
っていう…(・д・)チッ

ま、日頃は好きにしてるので
仕方ないですね。。。


仕事してると言いながらも
本も読んでました。笑

宮部みゆき著「荒神」

私の大好物の
宮部みゆき先生+歴史物ですが…

うーーーーーん。。。

ネタバレになりそうなので
詳細には触れませんけど
三島屋変調百物語シリーズの中に
似たような話があったような。笑

何というか、期待した結末は
もう少し違ったものだった
なぁ〜


同じくシリアスで悲しい話でも
孤宿の人 」なんかは
納得いくものだったんですけど…

まあ、好みの問題かもしれません。


三島屋変調百物語シリーズも
新作が日経新聞で連載中。

シリーズ物って長く続けると
徐々に面白くなくなるのが常な気がして
「あー、もうちょっと読みたい」
ぐらいで止めておく方が吉かもしれませんが。笑

ぼんくらシリーズもねぇ…

「ぼんくら」→「日暮し」が
良かっただけに「おまえさん」がねぇ…


いや、「おまえさん」も
面白いんですよ?面白いんですけど…

宮部みゆき先生は女性なのに
女性の登場人物に非常〜に辛辣というか
結構ヒドいなと思う時がありまして。笑

いや女性だからこそ、かな?

そういうのが後味として
苦い時があるというか…

でも話の書き方・引き込み方は
宮部先生は本当に抜群だな〜と
いつも思ってます。

スポンサーリンク

そろそろ「ソロモンの偽証」に
手を出すべきかどうか悩み中。

でもこれ読み始めたら
確実に仕事ができなくなりそう。笑


私の中でシリーズ物のといえば
鬼平犯科帳 」ですが
池波正太郎先生は既に故人。

続編が出ることは絶対無いわけで…
悲しい。


ドラマの鬼平犯科帳も
長谷川平蔵はじめ、出てくる人が皆
お爺さん・お婆さんになっちゃった。笑

お亡くなりの方も多いし
レギュラーの最若手は尾美としのりさん?笑

かといって中村吉右衛門さん以外に
鬼平ができる人が思いつきませんが。

難しいですよね、こういうの。

「剣客商売」の秋山小兵衛が
藤田まことさんから
北大路欣也さんになったときも

「ちがーーーう!」

と叫んだのは私だけではなかろうて。

貫禄と眼力ありすぎですって…笑


※コメントお返事を最後にm(__)m


ブログランキングに参加中^^
応援していただけたら嬉しいです!
↓ ↓ ↓

人気ブログランキングへ
にほんブログ村 OL日記ブログへ
にほんブログ村

>名無しの権米さん

コメントありがとうございます。

承知されてると思いますが
念のため。。。

私がブログに書いている体験は
事実ではありますけど
あくまで私周囲の限定された話です。

ただ、仰るように世間では
法律事務所が身近とは言い難く、

「弁護士に限ってそんなこと…」
「弁護士なら信頼できる」
「弁護士=人格者」

みたいに盲目的に
信じておられる方が多くて
私的には

「んなアホな!」

てことで作った
ブログでもあるのです。笑

資格や社会的地位もその人を知る
重要なファクターだとは思いますが
現状、そのファクター自体が少しばかり
歪んでる気がするんですよね^^;

弁護士にも色んな人がいるっていう
当たり前のことなんですが。

色々と悩まれるところは
おありだと思いますが
権米さんにとってよいご判断を^^


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事はこちら

関連記事

    • 匿名
    • 2015年 9月 21日

    ちはるさん、お返事有難うです。
    流石、法律事務所に身を置かれただけの事が有り、私のモヤモヤ感を全て表現して下さって(まるで私の代理人の如く)
    胸がスーっとっしています。

    後見開始直後、他の親族よりも親の傍に居住理由で私への問合わせも多く、その見返りというか、調停相談も伺えたのですが
    一通り諸連絡は済、調停も終了が見え始めたころ頃から動きが 蕎麦屋の出前化へ。
    報酬を払う側としては今後も要望を出す予定でいるのに対し、貢献は いかに労をせず、報酬は現状維持をって気配濃厚。

    • 権平です。途中で、送信したので その続き。
    • 2015年 9月 21日

    その人物が自分にどれだけ利益なのかを常に計算するんだな。と。
    弁護士人口が増え事件薄の時代に、このように掌を返す様な態度じゃ先々生き残れないのにね。

    選ぶ側も見極める目を養う学習が必要になっても 弁護士 いえ、法曹の見直ししないと。
    と、女子教え子への問題リーク教授や、平成オサダ弁護士事件で 法律 ド素人の私でさえ感じる昨今です。

    しかし、世間の注目は 男性象徴はどうなるのか? ばかりが取り扱われ(はるな愛さん等なら即答じゃん。)
    どんな判決が3人に下るかって話題が極僅か。国民がこんなじゃ、法曹界はこのまま非公開ままで安泰かも。

    ちはるさん自身が 弁護士が必要になったら、どうします? ボス弁を頼ります?????

  1. この記事へのトラックバックはありません。

コメントは利用できません。

サイト内検索

免責事項・プライバシーポリシー