弁護士秘書を辞めてフリーランスへ!全記録を公開

menu

さらばOLーウツ寸前で弁護士秘書から脱出ー

すっごーーい!って言われたいんだよ

こんにちは、ちはるです^^


前回まで延々と
法律事務所の人材確保について
ダラダラ書いてしまいました^^;

お忘れかもしれませんが
質問者はとある弁護士さん。


「率直に」とのことだったので
思いっきり率直に書いたわけですが
あれきり音沙汰ないですね。笑

気を悪くされたんでしょうか^^;

質問を頂いておきながら
なんか…気を遣えなくってすいませんね。

ま、ここはそういうブログなので。笑

弁護士へ遣う「気」は
10年間で使い果たしました。


さてさて、滞ってる質問への回答の
続きを本日も。。。

重たい&長くなりそうな話が続くのも
アレなので今回はサクッと
答えられる話をしますね。

順不同ですいませんm(__)m


頂いた質問(非公開希望)の
概要は次のとおり。
※便宜上、一部改変・伏せ字
↓ ↓ ↓

勤務している事務所のお局秘書が

「ウチの先生は昔、
◯◯弁護士会の副会長だったのよ〜」

と言ってきました。

これってどういう反応をすれば
正解でしょうか?

そもそもすごいことなんでしょうか?

↑ ↑ ↑


はい、まず回答を端的に言うと…

「わーーー!!そうなんですか!?
すっごーーーい!
さすが◯◯先生、人望がおありなんですね!」

が正解だと思います。笑


弁護士会の規模や立候補者数にもよりますが
基本的に会長や副会長は
会員の選挙で選ばれます。

何となーく、修習期順なんかで
序列が決まった出来レース的な時もある。

そういう時は
「あれ?いつの間に?」
という感じで決まってます。


そうかと思えば、対立候補が複数出る
ガチンコの選挙戦があったりもする。

そういう時は、同じ派閥の弁護士が
選挙事務所に駆り出されたりして
ガンガン電話がかかってきます。


会派や学閥もあるし、もう政治ですね^^

まったく興味の無い弁護士もいれば
すごく熱心な弁護士もいます。

そういう意味で
ぶっちゃけ、弁護士としての力量とは
別の話だと思いますよ。

スポンサーリンク

それでも、そういう役職にあったことを
本人や秘書が言うってことは

「本人たちは
1000%すごいことだと思ってる」

てことですから…

「すっごーーーい!」

と言ってあげるのが
正解というわけです。笑


…と言いつつ、私、こういうの
超苦手でしたけどね^^;

こういのが抜群にウマいのが
後輩ちゃんでした。
羨ましいぐらいウマいんですよね。

あれも1つの処世術ですよ、ホント。


ちなみに、私が勤務してた
事務所のボス弁護士は
ほとんど興味のないタイプ。

一応、会派には属してましたけど
お愛想程度でしたね。

特に選挙協力の要請とか無かったのは
そういうワケだったのか
単純に嫌われてたのか
そこは微妙なとこだと思いますが。笑

だって、同期の評判すらアレなボス弁護士が
手伝いに行ったところで…ねぇ?


昔、同じ会派のベテラン弁護士が
会長に立候補してたとき、ボス弁護士は、

「選挙事務所に顔を出したけど
俺が死ぬほど忙しいのを知ってるから
◯◯先生も遠慮してたよ」

とか言ってましたけど
そうかなあ〜〜〜??


正直、戦力になりそうにないから
体よく追っ払われたんじゃないの〜〜?笑

…と私は疑ってました。

でも、ボス弁護士は微塵も疑ってないのが
哀れなような幸せなような…


ブログランキングに参加中^^
応援していただけたら嬉しいです!
↓ ↓ ↓

人気ブログランキングへ
にほんブログ村 OL日記ブログへ
にほんブログ村

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事はこちら

関連記事

コメントは利用できません。

サイト内検索

免責事項・プライバシーポリシー