弁護士秘書を辞めてフリーランスへ!全記録を公開

menu

さらばOLーウツ寸前で弁護士秘書から脱出ー

そうきたか〜(失笑)

こんばんは、ちはるです^^

昨日更新しようと思いながら
眠気に負けました…


さて前回の続きです^^

ボス弁護士からの不快メールを
放置したまま年を越して
仕事始めから数日後。。。

ボス弁護士から再びメールが。


「開封しない」という選択肢も
ありなんですけどね…
メールの件名がね…


「申し訳ございませんでした」

だったんでね。笑


メールの内容をこれまた
すごーーーく簡単にまとめると…


↓ ↓ ↓

先日は申し訳ありません。

ちはるさんが辞めてから多忙を極め
年末には体の調子も崩して
かなり精神的に追い詰められ
つい君にあたってしまったのです。

君には大変感謝してるし
今後も可能な限り
助けてもらいたいと思っています。

どうか先日の件はご賢察の上
無かったことにしてもらえると有り難いです。

今後もどうぞよろしくお願いします。

↑ ↑ ↑


だってさ〜。笑

前回のメールと比べたときの
この「振れ幅」が気持ち悪い(;´д`)


「仮にも元雇い主で弁護士が
ここまで謝罪してるんだから
もういいんじゃない?」

と思いますか?
それとも

「ゴメンで済んだら
警察はいらんのじゃい!」

かな?笑


前回書いたように
別に怒ってるわけじゃないし
謝られても…て感じですけどね。

今回のメールを見て、前回に増して
ただただ哀れだな、と。


言い訳めいたこと書いてますね。

確かに多少の勢いとかはあるかもですが
前回のメール内容自体は
ボス弁護士の本心だと確信してる。


ボス弁護士は
非常〜に根に持つタイプです。

その場でさっさと指摘すりゃ
スッと解決する話を
まずはねちねちと遠回しに言う。

ダイレクトに伝わらないから
こっちも対処に困るし
ボス弁護士も完全に発散できないんでしょうね。

そこからぶすぶすと燻らせて
自分の中でさらに怒りを増幅させて
数カ月後、数年後に突然ぶつけてきたりする。笑


超面倒くさいでしょ。

今回もそういうことでしょうから
「思ってもないことをつい…」
ではないんですよね。

さらに本気で申し訳ないとも
思ってないでしょうね。

スポンサーリンク

おそらく…

ちょっと頭が冷えてきて
さらに私からの返事もない。

ああ、ちはるさんは怒ってるんだろう。

てことは今後何か事務局で
困ったことやわからないことがあっても
助けてもらえない。

仕方ないからフォローしとくか…


そんなとこだと思います。

仮にも10年一緒に働いた人に
こんな関わり方しかできない
なんて可哀想な人なんだろう…

そしてこんな人に10年間振り回され
追い詰められた私って一体…

色々な意味で虚しいです。笑


コメントお返事を最後に書いてます^^


ブログランキングに参加中^^
応援していただけたら嬉しいです!
↓ ↓ ↓

人気ブログランキングへ
にほんブログ村 OL日記ブログへ
にほんブログ村

>ベホイミさん

コメント、そして予想してくださって
ありがとうございます!

その後の展開は上記のとおりで
何とも情けないというか
複雑な心境です。笑

何でも人のせいにするタチって
本当に厄介ですよね。

何を言っても反論の材料にされるので
可能な限りスッパリと
関係を切っちゃうのが賢いのかも。。。
(私もそうすりゃよかった…)



>さくらもちさん

コメントありがとうございます!
ちょっとでもお役に立てているなら
いいのですが…(@@;)

さくらもちさんの学ぼうとする姿勢であったり
ご自分の状況を客観的に見ておられるあたり…

後輩ちゃんとは似ても似つかずですよ!笑

私のブログでは言葉足らずですが
決して愛嬌自体を否定してるわけじゃなく
大事なことだと思います。

私にはちと足りませんが^^;

確かに他業種から転職される方は
この業界の独特なところに
戸惑われる方が多いみたいですね。

マニュアルが無かったり
何でも「臨機応変」ばっかりだったり。笑

苦労されることも多いと思いますが
頑張ってくださいね!

どこまで参考になるかわかりませんが
今後も業界のホントのとこなど
書いていければと思いますので
またよければお越しください^^

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事はこちら

関連記事

    • さくらもち
    • 2015年 1月 25日

    ちはるさん、コメントへのお返事ありがとうございます。
    ボス弁・・・う、うざいですね。
    弁護士事務所や中小企業、個人事業主、自営業といった職場って
    どうしてもボスが中心に回るのでやとわれの身分で理不尽な思いをされる方
    多いでしょうね。

    時には雇用されているほうが大人になって譲歩して
    半分情けで働いてくれているような職場も知っています。

    ちはるさんはいつまで元職場のフォローをいれようと考えていらっしゃいますか?
    ボス弁含め残された人たちがちはるさんの気遣いに対してわかってなさすぎー!って
    思います。今の職場はどんな感じなんでしょうね。

    ちはるさんは元々司法試験もうけていらしゃったとのことですが
    そこから法律事務所勤務にいたったのはどんな理由だったのでしょうか?
    私は現在20代後半で、弁護士事務員になる前に、大学職員として派遣で勤務して、
    退職のタイミングですぐ働く口があったのが弁護士事務所というだけでした。
    たまたま最近夫が法務系の部署に配属になったこともあり、
    法律についてなにか参考になるかなーといった期待もありました。
    他の事務所の事務員さんと顔見知りになることもないので、
    直雇用の弁護士秘書さんや事務員さんの声を聞いてみたくてお聞きしました^^
    (もしも過去記事に書いていらしたらすみません)

  1. この記事へのトラックバックはありません。

コメントは利用できません。

サイト内検索

免責事項・プライバシーポリシー