弁護士秘書を辞めてフリーランスへ!全記録を公開

menu

さらばOLーウツ寸前で弁護士秘書から脱出ー

蜩ノ記(ひぐらしのき)

こんばんは、ちはるです^^

今日も朝更新ができませんでしたが
リズムは崩していませんよ〜^^

すごく早起きでもないですが…笑


実家に帰省してきているのですが
帰ってくると必ず没頭してしまうのが
読書です。

私自身、本は好きでよく読みます。

ジャンルは幅広く
小説からビジネス書まで。


私の母も本が好きで
母の場合は専ら小説ばかりですが
その好みは私と似てる^^

いや、私が似たのか…(笑)

歴史小説は完全に母の影響で
読み始めてハマりましたしね。


平成23年の直木賞受賞作の
葉室麟さんの「蜩ノ記」
ずっと文庫化を待ってました。

ついに文庫化されて
買おうと思った矢先に母がゲット。

そのときから
楽しみで楽しみで…

一気に読んでしまいました^^


7年前に前藩主の側室との
密通の罪を問われ
10年後の切腹を命じられた男と
それを見守る男。

密通事件の真実と
その裏の真相。

男の切腹の日が近づき…

という話。


まだ読んでおられない方もいるでしょうし
ネタバレは止めておきますが
期待通り、いい作品でしたよ^^

決して派手な作品ではないですが
胸が熱くなる事請け合いです。


歴史小説としては
割と読みやすい文体なので
普段馴染みのない方でも大丈夫だと思いますよ。


この秋には映画化され
役所広司さんや岡田准一くんが
出演されるそうですね。

秋には退職しているはずなので
レディースデーに観に行こうかな〜

スポンサーリンク

でも小説の映画化って
すごくガッカリすることも
少なくないのである意味バクチですが…

小説が良かっただけにね〜

「切腹を待つ男」という
どちらかというと「静」の話だけに
ちょっと心配。


ブログランキングに参加中^^
応援していただけたら嬉しいです!
↓ ↓ ↓

人気ブログランキングへ
にほんブログ村 転職キャリアブログへ
にほんブログ村

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事はこちら

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

サイト内検索

免責事項・プライバシーポリシー