弁護士秘書を辞めてフリーランスへ!全記録を公開

menu

さらばOLーウツ寸前で弁護士秘書から脱出ー

後輩ちゃんと話して再確認したこと

接が始まった〜!

こんばんは、ちはるです^^


ブログランキングに参加中^^
まずはポチッとお願いします!
↓ ↓ ↓

人気ブログランキングへ
にほんブログ村 転職キャリアブログへ
にほんブログ村


先日やっと募集を開始していた
うちの法律事務所。

私の後任秘書です。


募集開始後、履歴書が届いており
随時、書面審査をしていき
面接もチラホラ始まりました。

事務所によっては
一斉に集中日程で審査・面接を
するところもあります。

(うちもそうしたときがあります)

でも今回はボス弁護士が
募集をかけるのが遅くなったので
随時やっていくことにしたみたい。


とはいえ、私はほとんど噛んでません。

だから履歴書も見てないし
面接への立会もしてなかったんですよね。

後輩ちゃんがしてます(笑)


ま、辞める人間なので
それでいいと思ってました。

一番多くの時間を一緒に
過ごすことになるのは後輩ちゃんだし。

が。


ここにきてボス弁護士から
後輩ちゃんと一緒に
履歴書審査と面接立会もするようにと指示。

理由は不明。

でもおそらく
後輩ちゃんの人を選ぶ基準
面接での質問が変なのかも、と予想^^;


そこでまず、選考にあたって
後輩ちゃんの考えを聞いてみました。
(※以下、後輩ちゃん


「どういう人がいいと思ってるの?
例えば、新卒とか社会人とか経験者とか」

「そうですねぇ〜
新卒って大変だと思いますぅ〜
なんていうかぁ、常識が無いと困るしぃ〜」

(お前が言うな!)
「じゃあ、経験者?」

「う〜ん、でもそうなるとぉ〜
私よりぃ〜、年上だったり
経験が長い可能性が高いですよねぇ〜」

スポンサーリンク

「まあそうかもね」

「それはちょっといやかなぁ〜と
思うんですぅ」

「…でもAさん(後輩ちゃん)は
あんまり一般民事の経験が無いでしょ?
経験者の方が助かるんじゃない?」

「そうですかねぇ〜
何とかなるかなぁ〜と思うんですけどぉ」


「…ふーん。あと、男性の応募者も何人かいるよね?
それについてはどう思う?」

「あ、それはぁ〜先生がぁ〜
ナシって言ってましたぁ〜」

「え!?そうなの?
前は男性もいいかなって言ってたけど?」

「普段先生がいないことも多いじゃないですかぁ〜
そうなると私と男性の2人っていうのもぉ〜
なんか心配だってぇ〜」

「………あ、そう」

***********


後輩ちゃんってバカだ。

いや前から知ってたけど
今日、再確認しました。

悪い子じゃないけど
このやり取り、バカ過ぎません??


「ちはるさんがいなくなれば
事務局のトップは私!」

と思いたいのかな〜?
あの程度の実務能力で。

究極の自己保身^^;


あと最後のくだり
それ私に言っていいの?笑

これ、不倫してるって知らなかったら
普通に受け流せる内容かな?
そんなことないよね?

なんかどっと疲れた…
明日に続きます…

本日もありがとうございました。


ブログランキングに参加中^^
応援していただけたら嬉しいです!
↓ ↓ ↓

人気ブログランキングへ
にほんブログ村 転職キャリアブログへ
にほんブログ村
















  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事はこちら

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

サイト内検索

免責事項・プライバシーポリシー