弁護士秘書を辞めてフリーランスへ!全記録を公開

menu

さらばOLーウツ寸前で弁護士秘書から脱出ー

寸借詐欺(たぶん)に遭遇した話

  • 2018
  • 寸借詐欺(たぶん)に遭遇した話 はコメントを受け付けていません。

こんにちは、ちはるです^^

数週間前、ここまで暑くなる
少し前の話ですが…

寸借詐欺(たぶん)に遭遇しました。笑

確たる証拠が無いので
「たぶん」としてますが、
十中八九間違い無いと思う…

一応、注意喚起も込めて
ここに記録しておこうかと思います。笑


その日、近所の郵便局で用事を済ませ
外に出てすぐ前の交差点で
ぼけーっと信号待ちをしていました。

大概ぼけーっとしてますが
この日は特にぼけーっとしてました。

仕事で数日ロクに寝てなかったからです。笑

数年前まではこれぐらい
平気だったんですけどねぇ…歳…orz


ちなみにこの場所は
交通量もそこそこ多い道路で
駅からも近く人通りも多い場所。

そこで男性(推定20代半ば〜後半?)に
声をかけられました。

見た目は
チャラいバンドマン
みたいな感じ←どんな

〜以下、実況中継風にお送りします〜
男性


「あのー、すいません。
ちょっといいですか?」


「はい?」

「○○駅ってどう行けばいいですか?」

○○駅は最寄り駅から7〜8駅ぐらい、
乗車賃400円ぐらい、
乗車時間20分ぐらいの駅です。

「あー、△△線でここから
20分ぐらいですかねぇ〜」


「それって電車ですよね?」

「そうですけど。駅はあっちです」

「いや…僕、歩いて行こうと思ってて」

「は??」


電車で20分ぐらいですから
歩けば最低でも2〜3時間はかかるはず。

普通、歩いて行く奴はいない。笑

「実は、携帯と財布が入ったカバンを
盗まれてしまって…」


「はぁ」

「僕、□□県(他県)から来てて
○○駅にある友達の家に
遊びに行く予定だったんですけど」


「はぁ」

「携帯が無いから
友達の連絡先もわからないし
とりあえず○○駅に向かって
友達を待とうと思ってるんです」


「はぁ」

「……」

「……」


このときの私の脳内は…
よく喋る奴だな、と。

あんまり脳みそ働いてなくて。笑

そう、言ってみれば
でした。笑

怪しいとも思ってなかったけど
可哀想とも思ってないっていう…

ただただ眠くて(´ε`;)

ぼけーっと聞く私に痺れを切らしたのか
ついに(?)切り出した男。


「あの…歩いて行くって
無理っぽい感じですかね?」


(知らんがな)
行けなくないけど遠いですよ」


「はぁ…どうしよう…」

「交番で電車賃借りたらどうですか」

「それが…、行ってみたんですけど
貸してくれなかったんです」


「え?そんなはずは…」

ぼけーっとした頭でも
1000円を上限に貸してくれる制度が
あったハズ、と思ってました。

正直、このあたりまでは
あんまり疑って無くてですね。

このときたまたま持っていた
電車のプリペイドカードを
あげようかなぐらい思ってたんですよ。

500円分ぐらい残ってて
○○駅までなら行けるし、と。

ところが、です。

スポンサーリンク

「あの…ここからタクシーで
○○駅に行くのって
いくらくらいかかりますか?」


「タクシー?
わかんないですけど
たぶん3000円ぐらい?」


「そうですか…
あの、僕、鞄盗まれたショックで
ちょっと目眩がしていて…」


「はぁ……」

「タクシー代貸してもらえませんか?」

タクシー!爆

君、最初は歩いて行くって言ったよね?

見ず知らずに人に借りたお金で
タクシーに乗ろうとするな!笑

私も寝不足で目眩してるっつーの!笑

ようやく変だと思い始めた(遅


「…いや、いま手持ちが無いんで」

↑これは事実。このとき財布には
小銭しか入ってなかったという…笑

「そうなんですか…
あっ、そこに郵便局もありますけど…」


「………」

ATMで金おろせってか!?笑
一気に脳が覚醒した!!

「いや、無理ですね」

「どうしよう…はぁ…困ったなぁ…
ほんとに無理、ですかぁ…?」


おそらく本人的には
子犬のような目のつもりだろうが…

ハイエナにしか見えねぇ!!笑

「交番、ほんとに行きました?
お金貸してもらえますよ。
被害届出したんでしょう?
何なら着いていきましょうか?」


「え、あ、いや…」

「法律関係の仕事してたので
多少なら役に立てるかもしれませんよ」

↑そんなわけない。笑

「いや、いいです!
ありがとうございました!」


スタスタスタスタスタ……
(すごい早足で去っていく)

おい、目眩はどうした?笑


交番に行くべきか…?

一瞬迷ったものの
被害に遭ったわけでもないし、
とにかく眠くて堪らなくて
そのまま帰りました。

え?善良な市民としては
次の犯罪を防ぐ義務があるだろうって?

いや〜…、
詐欺罪って難しいでしょ?

犯人が「騙す意思があった」ことを
立証しないと罪に問えません。

仮にこの男が捕まったとしても
まあほぼ確実に
「返すつもりだった!」
と言い張るに決まってる。

「はなから返すつもりが無かった」
ことを立証する難しさ…

そう思うと今回みたいな場合、
騙されても被害届が
受理されるかどうかすら微妙。

検挙率下がっちゃうから
警察に嫌がられそうな匂いがぷんぷん。

まして未遂で被害は受けてない私が
わざわざ交番で話したところで
一体何になるんだろう?

…よし、帰って寝よう。

そういう非常に現実的な
判断があったのです。。。


何でもかんでも疑いたくないですが
人の善意につけこむ輩がいるのも事実。

皆様もどうぞお気をつけてm(_ _)m

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事はこちら

関連記事

コメントは利用できません。

サイト内検索

免責事項・プライバシーポリシー