弁護士秘書を辞めてフリーランスへ!全記録を公開

menu

さらばOLーウツ寸前で弁護士秘書から脱出ー

自己満足なんだけど〜格安SIMにした話③〜

  • 2018
  • 自己満足なんだけど〜格安SIMにした話③〜 はコメントを受け付けていません。

こんにちは、ちはるです^^

今更ながら格安SIMにしたよ、
という話()の続きです。

どこまで需要のある話か、
しかもこの前までなーんも知らなかった私が
書くような話でもないんですけどね。

たま〜に珍しいことをしたら
ドヤ顔で人に言いたくなりません?

そういう自己満足てことでm(_ _)m

では続きです。


〜MNPについて〜

キャリア携帯から格安SIMに
変更する場合でも
番号をそのまま使えます(MNP)。

携帯会社を変更するのと同じように
事前に予約番号を取ります。

ただしこの場合の注意点。

元のキャリア側に2000〜3000円の
MNP転出料をとられます。


新規の番号だと格安SIM会社に
初期手数料3000円を払うだけなので
それと比べると
トータルで倍ぐらいかかってしまう。


さらに気をつけないといけないのが
音声プランの場合、
高額のMNP転出料
設定されていることがあります。

どういうことかと言うとですね…

例えば、MNPでキャリア携帯から
格安SIMに乗り換えたとします。
(ここでキャリアに2〜3000円払う)

でも使い勝手が悪いから
1ヶ月でまたMNPを利用して
元のキャリア携帯に戻したい。

基本的に番号を維持したまま変えるなら
キャリアだろうが格安SIMだろうが
MNP転出料を払わないといけません。


普通はこれが3000円なんです。

ところが、契約期間によって
1万円以上かかるところがあるんです。

前の記事で通話プランには
最低利用期間がある会社があるよ

という話をしましたが、
この最低利用期間は無いけど
転出料を高く設定
してたりする^^;

ズル賢いぜ…!

なのでMNPを利用して
格安SIMにする場合には

最低でも半年〜1年ぐらいは
使い続けないと高くつくことがある


と思っていた方がいいです。

ちなみに私は「番号が変わりました〜」と
連絡するのが面倒なので←
変える気は皆無でした。笑

スポンサーリンク

〜通信速度〜

一般に、格安SIMは通信速度に
ムラが出やすい、と言われてます。

特に動画などをよく見る人には
通信速度は気になるとこですね。

よく「業界最速!」的な
キャッチコピーもありますけど…

あれって大概の場合は
特定の時間の瞬間最速のことなので
惑わされてはいけません。

真夜中3時が最速!みたいな…笑

個人的に大事なのは
24時間での安定感だと思います。

特に利用者が増える

・お昼の12時台
・夕方から22時頃まで

はどのSIMも大体速度が落ちます。

ストレス無く使える基準値は
4Mbpsだと言われているので
この混む時間帯になるべくこの数字に
近い速度が出るものが安定して使えそう^^

といっても私の場合は
基本的に家にいてWi-Fi利用なので
あんまり気にしてませんでしたー。


〜会社の規模〜

CMをバンバン流してる会社から
ほとんど聞いたことのない会社まで、
現在かなり多くの会社が
格安SIM業界に参入してきています。

これはMさんから聞いた印象と
自分でもチラチラ調べた実感ですが…

初心者はとりあえず
大手のSIM会社にしておけ!笑


というのも、大手以外の会社は
大手が提供しているサービスから
すり抜けてしまうマニアックな使い方
に向いてたりするから。

全部が全部そうとは言いませんけど。

まあでもどの業界でも
似たようなものですよね。

大手には価格でもサービスでも
真っ向勝負は難しいから
その隙間を我が社が埋めますよ、、、

そんなイメージです。

あと、FREETELの例もあるし
あんまり小規模なところは
少々不安もありますしね…

強いて初心者が
選ぶ必要もメリットも無い気がします。


〜続きます(どこまで…?)〜




  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事はこちら

関連記事

コメントは利用できません。

サイト内検索

免責事項・プライバシーポリシー