弁護士秘書を辞めてフリーランスへ!全記録を公開

menu

さらばOLーウツ寸前で弁護士秘書から脱出ー

ここまでスマホに真剣に向き合う日がくるとは〜格安SIMにした話②〜

  • 2018
  • ここまでスマホに真剣に向き合う日がくるとは〜格安SIMにした話②〜 はコメントを受け付けていません。

こんにちは、ちはるです^^

ブログタイトルとは全く無関係の
「格安SIMにしたよ」という話
前回の続きです。

「今頃なに言ってんの(゚Д゚)ハァ?」
と興味ない方はスルー推奨。。。


Mさんとの話の中で
格安SIMにしようと決心した私。

でも格安SIMの会社って
有名なところから無名のところまで
本当にたっくさんあるのです。

しかもそれぞれに
豊富なプランやオプションの数々。

……正直わけわからん。

…………もうイヤになってきた←

再びMさんのご登場です。笑
根掘り葉掘り聞いてみました。

Mさん、つくづくありがとうm(_ _)m


Mさんが言うには、

「よくネットや情報番組で
“コレが一番”みたいに言うけど
使う状況や人によって変わるから
一概には言えない。


そもそも格安SIMに向いてない人もいる。

自分がどのくらい、どういう形で
どういう状況で使うのか

まずそれを確定させた方がいい。

全てを満たす格安SIMがあればベスト、
そうでなければ優先順位を決めて
それを満たすものにすればいい」

だそうな(そりゃそうか)。

例えば、通常、格安SIMの方が
キャリア携帯より通話料はお高めなので、
通話をめちゃくちゃする人は
それほど安くなりません。

ということで、私の場合は
どんな感じで携帯を使うのか、
整理してみました。


〜回線について〜

格安SIMでは基本的に
ドコモ・ソフトバンク・au
のいずれかの回線を使うことになります。

今の私の住所地では
どの回線でも大丈夫。

ただし問題はド田舎の私の実家。

昨年も何だかんだで
実家とこちらを往復してたので
実家でも使えなければ困る。

実家のある地域は大半ドコモ、
ただしauでないと繋がらない場所あり。

というわけで、回線はドコモ、
できれば必要に応じて
auとプラン切り替えできればいいな、と。

スポンサーリンク

〜プラン〜

格安SIMのプランは大きく分けて

・データ通信のみ
・データ通信+通話


の2種類に分かれます。

通話はガラケーで、
データ通信は格安SIMで、
という2台使いの人も結構いるらしい。

私はこれまで通りに使いたいので
データ通信+通話プランを選択。

ただし1点注意なのが…

こういった音声対応SIMは
最低利用期間がある場合があります。

大体半年〜1年程度。

キャリア携帯だと2年契約で
更新月以外で解約すると
違約金が取られちゃうのと同じですね。


〜通話〜

前述のとおり格安SIMでは
通話料が少し高めの設定なので、
よく通話をする人はオプションで
「かけ放題」をつけます。

5〜10分のかけ放題で
月額800〜900円ぐらいが多いです。

私の場合、仕事関係などの連絡は
基本チャットワークやskypeが多く、
プライベートはLINEが多い。

なので、かけ放題プランは
(必要なった時に追加申込できれば)
最初から絶対に必要ではないかな、と。


〜データ容量〜

格安SIMではデータ容量で
基本料金が変わります。

データ通信+通話プランで
3GBプランの場合
月額1600円前後のところが多いです。

では、どのくらい容量が必要かというと
おおよその目安としては、

・ほとんどネットは見ない⇒1〜2GB
・多少はネットも見る⇒3〜5GB
・動画をよく見る⇒7〜15GB

らしい。

私の場合、動画も結構見ますけど
大半は自宅にいてWi-Fiを使用しています。

なので今までの料金明細を見ると
1ヶ月の容量は3GGBもあれば
十分という感じでした。


〜端末〜

今まで使っている端末を使いたい場合、

・SIMフリー化の可否
・端末対応のSIMの選択

など、気を付ける点があります。

なので必ず自分の端末が
SIMフリー化できるのか、
対応しているかSIMはどれか、
しっかり確認しないといけません。

※SIMロック解除できなくても
そのまま利用できる場合もあります。

私は元々SIMロックされていない
iPhoneSEを使っているので
これが使えるSIMを選ばないといけません。

私がざっと見た感じでは
ほぼほぼ対応していたと思います。


〜続きます〜

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事はこちら

関連記事

コメントは利用できません。

サイト内検索

免責事項・プライバシーポリシー