弁護士秘書を辞めてフリーランスへ!全記録を公開

menu

さらばOLーウツ寸前で弁護士秘書から脱出ー

どこのご家庭もじいちゃんは

  • 2017
  • どこのご家庭もじいちゃんは はコメントを受け付けていません。

こんばんは、ちはるです。

今日も大した話じゃありません。
(大した話なんてしたことないですが)


この前、打ち合わせで
ファミレスにいたときに

若いお母さん
3歳ぐらいの男の子
おじいさん
おばあさん

が隣の席だったんです。

おじいさんおばあさんは
たぶん若いお母さんのご両親。


食事が終わって
お子様ランチのオマケのオモチャで
遊びだした男の子ですが…

その遊びが

おじいちゃんにオモチャを差し出し、
おじいちゃんが取ろうとすると

「じいちゃんにはあ〜げない!」

とサッと引っ込める遊びで、
超楽しそうでした。笑

おばあさんが手を差し出すと
「ハイ!」とすんなり渡す男の子。

でもおじいさんには
「だめ〜!じいちゃんはだめ〜!」。笑

もちろん、おじいさんは
怒るわけでもなくって
ニコニコされてましたけどね。


実は、これに似た構図、
うちの実家で何度も見てる。笑

甥っ子&姪っ子が
何か悪さをしていると
姉や母に怒られるわけですが
まったく同じことを父が言っても

「じいちゃんは言わないで!」

と言うっていう…笑 

スポンサーリンク

あと、ブロックで遊んでいて
父が9割仕上げたところで

「じいちゃんはもう作ったらだめ!」

と取り上げて完成させ
さも自分が全部作ったように
自慢してまわるっていう…笑


この他の人はいいけど
じいちゃんだけはダメ
というフレーズ、
結構な頻度で言われてます。

が、父はニッコニコ。笑

この前はしみじみと

「なぁ…ちはる…
大泉逸郎の『孫』っていう歌、
あれ、いい歌だぞ…沁みるぞ…」


と言っていました。


しかし、なぜ甥っ子たちが
こんな風に言うのか。

それは父が孫たちに激甘で
若干チョロいと思われてるのが1つ。

あと、私や姉が

「お父さんには言われたくない!」

ということをよく言うので
それを聞いてるのかも…

父よ、ごめん。笑

でも自分は一切料理をしないのに
「それぐらいササッと作れよ〜」的な
余計なことをすぐに言う父なので
たぶんこれからも言うとも思う。笑


まあそんな父と甥っ子たちですが
家に来たらすぐに

「じいちゃーん♪」

と駆け寄って行くぐらい
基本は仲良しなのでヨシ、ということで。

…ま、甥っ子たちはそうすれば
父が喜び、何だかんだ
ホイホイ買ってもらえることを
わかってるフシがないでもない…怖


子どもって本当によく見てますよね!
という話でした。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事はこちら

関連記事

コメントは利用できません。

サイト内検索

免責事項・プライバシーポリシー