弁護士秘書を辞めてフリーランスへ!全記録を公開

menu

さらばOLーウツ寸前で弁護士秘書から脱出ー

コメントお返事

またまたご無沙汰してます
ちはるです。

コメントのお返事がちっとも進まず
申し訳ありません〜〜m(__)m


>>迷い猫さん

そんな風に仰っていただけると
私としても大変ありがたいです(;_;)

もう何かイヤなお局丸出しで
偉そうに何言ってんだと
我ながら思ってましたので…

迷い猫さんの就職活動を
心から応援しています^^

************

さてさて、かなーり前に
コメントをいただいていました、
たまみんさんへお返事です。

もう、ホント遅くてすいません。

「公開は個人情報がバレない程度で」
とのことだったのですが…

どこまで出しても大丈夫か
ちょっと責任が持てませんので
ごく概要だけまとめさせてもらいます。


↓ ↓ ↓

経理兼法律事務で雇われたのに
弁護士の個人的用事もさせられる。

法律事務は未経験なのに
先輩事務員2名は一応指導するが
後からケチをつけて仕事が進まない。

先輩事務員はミスを逐一チクり
機嫌次第で仲間外れにしたり、
暴言を吐いたりする。

挙句の果てに、弁護士から一方的に

「今日付けで辞めてくれ」
「明日から来なくていい」

と退職届と解雇予告金の受領証を
強引に書かされた。

労働審判や懲戒請求をするか
悩んでいる。

〜ここまで〜


コメントに困惑と怒りが
溢れておられますね。

労働審判や懲戒請求にまで
言及されているあたり、
お怒りは相当なものなんでしょうね。

とはいえ、この業界では
こういうの珍しくないんですよね。

変な話ではありますが、
解雇予告手当を自ら出すだけ
まだマシな方かもしれません。

スポンサーリンク

法律で決まってるから当然?

いやいや、私の知ってる話では
出さずに済まそうとゴネてゴネて、
結局、弁護士会のエラいさんに
宥められてようやく出した…

みたいな話も聞きました。

エラいさんもねぇ、そこは
宥めるんじゃなくて
一喝せんかいッ!と思ったもんです。


で、、、

労働審判や懲戒請求について
悩まれているとのこと。

(お返事が遅すぎて、
今はもう違うかもしれませんが…)


私の個人的意見ですが…

労働審判や懲戒請求をしても
あなたが望むような結果は
得られないんじゃないかと思います。

労働審判は手続自体は簡単ですが、
基本的に審理期間が短いので
最初から主張や証拠を戦略的に
きっちり揃える必要があります。

法律事務所という閉鎖空間での
不当解雇を証明する証拠…

難しいですよね。


懲戒請求に関して言うと
弁護士会は弁護士には極甘ですから。

依頼者(外部)との関係ならまだしも
雇用関係(内部)のことで
どこまで指導監督しようとするか…

ま、期待できません。


ただ、労働審判にしても
懲戒請求にしても、
「すること自体に意味がある」
とお考えなのかもしれませんね。

何かしてやらないことには
気持ちがおさまらない、と。


でもね〜…

結果的に、余計に腹が立つ、
理不尽な思いをすることに
なるんじゃないでしょうかね…


こんなバカ事務所に関わるのは
時間の無駄とは思えませんか?

私はこういう事務所は
放っておいても
そう遠くない未来に淘汰されると
思ってますよ^^


私が言えるのはこの程度です。

何の解決の助けにも
なっていないとは思いますが…


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事はこちら

関連記事

コメントは利用できません。

サイト内検索

免責事項・プライバシーポリシー