弁護士秘書を辞めてフリーランスへ!全記録を公開

menu

さらばOLーウツ寸前で弁護士秘書から脱出ー

恐ろしいのはコッチのお局様

こんにちは、ちはるです^^

6月になりましたね〜
早いですね〜(←毎月恒例)


今年の夏は
例年よりも暑くなるみたいですね。

うんざり…(;´д`)

暑いの苦手なんですけど
ここ数年、クーラーが苦手になってきて
扇風機を重宝してます。

こういうオサレ~なのが欲しい。

昔ながらの扇風機も
別に問題なく使えてるんですけど
収納に場所を取るのがね〜


さて、お局様ネタですが…

※ちょっとまとめ
1:お局様の念仏
2:実はサ○ヤ人でした…
3:無能なお局様の必死の生存本能
4:仕事できない系のお局様の相手は不毛

結構回数いってますね^^:
でもしつこく続けます。笑


お局様のタイプは大きく分けて2タイプ。

前回までは仕事できない系の
お局様
の話でした。

もう1つのタイプはその反対、
仕事できる系のお局様です。

事務処理能力は高く仕事がデキるけど
常にイライラして言い方もドギツく
万事、自分を通さないと機嫌が悪いタイプ。


知人秘書がよく愚痴ってましたよ。

人に任せることをしないから
常に忙しくてイライラしてる。
手伝うことを申し出ても断られる。

で、断られたし自分の仕事が終わったから
先に帰ろうとすると不機嫌になる。

聞きたいことがあっても
終始イライラしてるから聞きにくい
聞かなきゃ聞かないで不機嫌になる。

ボスはお局様を頼ってるから
何も言ってくれない」

だそうです。


「あるある!」
「そうそう!」

という声が聞こえてきそう。笑

それぐらい、この業界では
こっちの方が多いかもね〜^^

スポンサーリンク

仕事できない系のお局様よりも
仕事できる系のお局様の方が
色んな意味で難しい。

まずとにかく怖い(;´д`)

あの迫力、あの圧力…
顔にキツさが出てる人も多い。笑


前回までに書いてきましたけど
仕事できない系のお局様って
結局のところ、

「事務所での自分の地位が
後輩に脅かされるんじゃないか」


「後輩に侮られるんじゃないか」

とどこか不安だったりする。


だから、変なところで自分の力を
見せつけようとするわけです。

表面上はキツくても
中身はスカスカのハリボテ。

そういうとこが逆に
侮られる結果になってるわけで
わかりやすくて滑稽ですな。笑

つまりこっちの腹さえ括れば
そんなに怖くないんですよね。


でも、仕事できる系お局様は
そうはいかないんです。

自分の仕事に自信もあるし
実際、実力も経験もあるので
弁護士からも頼りにされてる。

こういうバックボーンがあっての
迫力だからこれは本物。笑


私自身はこのタイプのお局様と
一緒に働いたことはありませんが
よく共同受任してた某法律事務所の
お局様のSさん。

この人はなかなか強烈でしたね〜

他事務所の私にはさすがに
直接言ってくることはないですが
たぶん影では言われてる。笑


Sさんの後輩秘書さん達には
嫌味なうえに超〜辛口でした。

Sさん、仕事がデキるだけに
言ってること自体は
まともだったりするんですよ。

でも、これ見よがしなタメ息ついて
指で机をトントントントン…笑

顔は怖いし、言い方がもう
人格否定レベルの切れ味
他人ごとながら超怖かったわぁ!


後輩秘書だって
別に特別仕事ができない人たちでは
無かったのにね。

あそこまで辛く当たる意味が不明。

Sさんもボス弁護士と同じく
「自分だけがしんどい」
と思ってるフシがありましたね〜

続きます(まだ!?笑)


ブログランキングに参加中^^
応援していただけたら嬉しいです!
↓ ↓ ↓

人気ブログランキングへ
にほんブログ村 OL日記ブログへ
にほんブログ村

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事はこちら

関連記事

コメントは利用できません。

サイト内検索

免責事項・プライバシーポリシー